HOME > メディケアコラム > 20代、30代女性のダイエット〜痩せないのはなぜ? リバウンドを防ぐには?

メディケアコラム

< 夏冷えとダイエット~夏だからこそ気をつけたいポイント~  |  一覧へ戻る  |  ダイエット飯はカロリーより栄養素!決め手は「4群点数法」 >

20代、30代女性のダイエット〜痩せないのはなぜ? リバウンドを防ぐには?

20代、30代女性の多くは、恋愛や結婚をみすえて、「美しくなるために」にダイエットに取り組みます。がんばっても痩せられない人の多くは、生活習慣に原因があると、私たちは考えています。これまで、5000人のダイエットをサポートしてきたメディケアダイエットが、経験の中で知った20代、30代女性の痩せない理由と、ダイエットのコツをお伝えします。
 

20代、30代女性が太る原因。痩せられないのはなぜ?

私たちは、食生活を中心に女性の生活習慣をつぶさにヒアリングし、その上でダイエットをサポートしています。20代、30代女性は、就職や転職、結婚、出産と、何かと環境が変化する難しい年代です。

女性は早く太りやすい体質に変わる

一般に、成人女性は男性と比べて筋肉量が多くありません。筋肉の多い身体は、代謝が活発で、エネルギーをたくさん消費します。筋肉の少ない女性は、そのぶんエネルギーを消費しにくい=太りやすいというわけです。

年をとると、男女ともに代謝が落ちてくるのが自然です。女性の方が太りやすくなったと自覚する時期が早くやってくると、経験の中で感じています。男性より体型に敏感だということ、身体の成長するスピードが早いということ、理由はいくつか考えられますが、次の「ダイエット経験」の影響も大きいでしょう。
 

ダイエットの間違った知識が習慣になることも

女性は、早ければ10代からダイエットを経験しています。カロリー摂取を極端におさえて体重を落とし、リバウンドした人が少なからずいます。無理なダイエットとリバウンドを繰り返すと、身体のバランスが崩れ、返って代謝が落ちて痩せにくい体質になる可能性があります。

また、ダイエットに関する間違った知識を仕入れ、習慣にしてしまっている人も。「炭水化物を控えているから今の体重を維持できている。ご飯は食べないけれど、お好み焼きは大好き」という女性がいました。お好み焼きで使われる小麦粉も、ご飯と同じ炭水化物です。

よく噛まずに食べられるものは胃をはたらかせない

私たちがダイエットをサポートする方には、プログラム期間中毎日の食事を記録してもらっています。若い女性が痩せられない大きな原因のひとつが、よく噛まずにものを食べられる環境にあると考えています。やわらかくて、おいしいものが身近にたくさんあるので、楽に食べられるほうを選んできたのでしょう。

噛まなくて済むようなやわらかい食べ物は、胃が消化するための時間がかかりません。いっぽう、たくさん噛まなくては食べられない固い物は、消化するために長い時間、胃をはたらかせることになります。

ダイエットでは、胃をしっかりはたらかせることが重要です。満腹感が長続きするうえに、内臓が活動している分カロリーを消費するからです。

身体が冷えると代謝が落ちる

美しくなりたい20代、30代女性は、ダイエットに意識の高い方が少なくありません。その高い意識が、ダイエットを邪魔しているケースもあります。

たとえば、昼はパスタや弁当などで栄養をとったので、夜はサラダや納豆・豆腐だけで済ませる、といった食事パターンをよく見かけます。栄養バランスとしては間違っていませんが、身体を冷やして、もともと少ない夜間の代謝をさらに落としている可能性があります。

また、仕事帰りのジムで汗を流し、帰りにご褒美のビールと高カロリーのおつまみ…こんなパターンもあります。がんばっているからと、おやつや夜食を食べて、かえってカロリー摂取量が増えていることもあります。
 

リバウンドを防ぐ20代、30代女性のダイエットとは

無理なダイエットは長続きしません。私たちは、40代、50代になっても、きちんと体重を整えられるダイエット法をアドバイスしています。
 

栄養バランスのととのった食生活こそ続けるコツ

20代前半はまだしも、20代後半、30代と年齢を重ねるに連れ、ダイエットは難しくなります。少し食事の量を減らしたくらいでは、目に見えて痩せるようなことはだんだんなくなるでしょう。

そんなときこそ、バランスのよい食生活を心がけましょう。単純に食べ過ぎをやめてカロリーをおさえることも必要ですが、それ以上に栄養バランスを整えることが大切です。

「キャベツダイエット」のような単品ダイエットや、「糖質制限ダイエット」のように、本来の食生活からかけ離れたダイエット法は、長く続けることが困難です。栄養バランスのとり方を知って、おいしいもの、好きなものをきちんと食べること。食事を楽しむことが、ダイエットの第一歩です。

 そのために、私たちが採用しているのが「4群点数法」という考え方。女子栄養大学で考案された理論で、食事の栄養をシンプルに管理できる仕組みが整えられています。
 

ダイエット飯はカロリーより栄養素!決め手は「4群点数法」

固めに茹でたブロッコリーやニンジンがおすすめ

前述のように、やわらかいものを飲み込むように食べるのは、ダイエットの観点では好ましくありません。たとえば、野菜をミキサーで液状にしたスムージー。お肌や身体の調子を整えるにはよいかもしれませんが、さほど胃をはたらかせてくれません。

できるだけ、そのままの形の野菜を食べたほうが、満腹感が得られ、消化に使うカロリー消費も多くなります。ブロッコリーやニンジンなど、噛みごたえのある野菜を固めに茹でていただいてはどうでしょう。茹でたてなら、身体を冷やすこともありません。毎日忙しく働いている女性には作り置きもGood!

居酒屋メニューで栄養バランスを整える

 飲み会は栄養バランスを整えるチャンスと考えましょう。居酒屋には、煮物やサラダ、魚など、豊富な単品メニューが用意されています。不足している栄養をここで補いましょう。

ちなみに、会社や仕事関係の飲み会が多い人は、太りやすい傾向にあるようです。さしておもしろい時間ではないと、食べることに集中してしまうのでしょう。

いっぽう、女子会が多い女性は、飲み会で太ることが少ないようです。話に夢中になっているときは、お箸が止まっています。たくさん飲み食いしなくても、食事を楽しみ、満足して帰っているのでしょう。

専業主婦の女性は「だらだら食べ」に注意

 専業主婦は、一日中家にいることが多く、外食が少ないので栄養状態は良いと思われるかもしれません。たしかに、家族のためにつくる朝食や夕食は、バランスのとれていることが多いのですが、自分ひとりで食べる昼食は手抜きメニューになりがちです。ご飯、うどん、そうめんなどの主食に偏るので、注意してください。

また、冷蔵庫の残り物や子どものために買ったお菓子を、だらだら食べ続けるケースも。専業主婦にとって自宅は職場のようなもので、自分の時間をゆっくり持つのは難しいです。気づかないうちにストレスがたまり、知らぬ間に食欲に結びついていることも少なくないのです。

ご近所づきあいやママ友づきあいなど、逃れられない人間関係がストレスになることもあります。毎日、少しだけでも自分の時間を持ち、リラックスすることをアドバイスしています。

20代女性のダイエット成功事例

会社員Iさん(来院時36歳)
75キロ→65キロ
 

体育会系だったIさんは、学生時代から体をよく動かし、大食いでした。ところが就職すると食べる量は変わらないのに、以前ほど体を動かさなくなったために、太り始めました。

52キロだった体重は63キロに。しばらくそれ以上は増えませんでしたが、3年前にストレスから体調を崩し、12キロも太ってしまいました。9号だった服のサイズは2年間で15号に。太るたびに洋服を買い替えたので、お金もどんどんなくなります。でも、自分ではどうしようもなかったそうです。

そんなIさんはメディケアダイエットに来てから1カ月、70キロを切り、終了時には65キロになりました。諦めていた50キロ代復帰も夢ではないと、希望を持てるようになったといいます。

付き合いでたくさん食べた翌日には、食べる量を減らしたり、豆腐など低カロリーな食品をとったりと、食事のコントロールが上手になりました。メインの食事は夕食ではなく昼食に。体質がすっかり変わり、大好きだった甘いものはさほど欲しなくなりました。

体重が減るにつれ、変わっていく自分を自覚するようになり気持ちが外に向かうようになったといいます。5年ぶりにスカートとハイヒールをはいた日のことは忘れられないとか。

一番うれしかったのは新しい恋人ができたこと。プログラム終了後も、決まった時間に起きて体重を量り、その数値と1日の食事を記録しています。
 

まとめ

まずは、自分が太りやすい生活習慣を知り、そのうえで食生活を改善していくことが、成功するダイエットのコツです。一度覚えたよい食生活は、一生の財産となるでしょう。くれぐれも極端なダイエットに走らず、健やかに美しくなることを目指してください。

 


< 夏冷えとダイエット~夏だからこそ気をつけたいポイント~  |  一覧へ戻る  |  ダイエット飯はカロリーより栄養素!決め手は「4群点数法」 >

このページのトップへ