HOME > ピックアップコンテンツ > 思い込みで減量成功に近道!

ピックアップコンテンツ

< 肥満がもたらす悪影響  |  一覧へ戻る  |  ダイエットを続けるために >

思い込みで減量成功に近道!

絶対に痩せられると考えると本当に痩せる

絶対に痩せられると考えると本当に痩せるのです。
この効果のことをプラシーボ効果といいます。
より良く痩せる為には考え方だって重要。
これはダイエットだけではなく筋トレのときも使えます。
自分の最善の体型をイメージすることで引き締まった肉体を作っていくのです。
「病は気から」という言葉があるように、人は思い込むことで、
体に良い影響・悪い影響を与えることができます。
それは俗に“プラシーボ効果”と呼ばれ、科学的にも証明されています。
頭の中で様々なイメージを膨らませることにより、脳が反応して
体にいろんな成分を分泌します。その結果体にさまざまな影響が出るのです。

プラシーボ効果の実例
  • 腹筋を鍛える際に、自分の腹筋が、縦にボコボコと割れている板チョコのような腹筋(笑)であるとイメージしながらトレーニングを行ったら、通常よりも良い成果が出た。
  • 通常の薬を与えた人と、薬の代わりに乳糖などの薬としての効果のないものを「とても良く効く新薬だ」と言って与えた人では、薬の代わりに乳糖を与えた人の方が病状の回復が早かった。
本来であれば効果が出ないものでも、イメージを付け加えることで、
体に影響が現れる 体の神秘です。ダイエットも「辛い」「苦しい」という悪い考えを
頭の中でぐるぐるさせていると、体がなかなかやせてくれません。
運動と食事に対するイメージをプラスのイメージに変えれば、プラシーボ効果によって
ダイエット効果が出やすくなるかもしれません。

アスリート選手が自身の最善となる形を常に思い浮かべて練習するように、
「体の脂肪を上手く燃焼出来て痩せていく様子」や「ダイエットが成功して理想の肉体になれた自分」を
考えながら運動、食事をするように心がけてみましょう。すると、ダイエットの辛さを和らげ、気分が高まり、
運動や食事に対するやる気が出てきます。「本当にやせるかなぁ」「これたべたら太りそうだなぁ」
と考えながらたべていると、減量効果はなかなか現れないことが往々にしてあります。
それよりも、
「今日はいつもより運動ができた気がする!」「少し残せたし、お腹がいっぱいな気がする!」
と思っていると、からだがイメージに応えてより大きな効果をだすのです。
肩の力を抜いて、リラックスしてダイエットしていきましょう。
 
ストレスが溜まってしまうと、リバウンドという悲劇を起こす
パターンも多いので、無理しすぎないダイエットを心がけましょう。
気の進まない時には、1日お休みすることも、長い目でみると大切なことです。
ストレスを溜めないで、良いイメージを持てるダイエットが理想的ですね。
キーポイントは、
  1. カロリーをいかに発散するか
  2. ストレスをいかに発散するかです!



< 肥満がもたらす悪影響  |  一覧へ戻る  |  ダイエットを続けるために >

PICK UPコンテンツ

  • お悩み解決 ケーススタディ
  • ダイエットのプロ が教えます
  • メディケア ダイエットコラム
カウンセリングのご予約・お問い合せはこちら【営業時間】10:00-18:00(日祝日休)
0120-66-4451 無料カウンセリングの予約はコチラ
資料請求はコチラ ご相談・お問合せコチラ

このページのトップへ