HOME > メディケアコラム > 腸活シリーズ 第9弾 ファストフードで腸内細菌が...

メディケアコラム

< 「痩せの大食い」に騙された私  |  一覧へ戻る  |  幸せホルモンセロトニンでうつうつせずにダイエット♪ >

腸活シリーズ 第9弾 ファストフードで腸内細菌が...


 
近年の研究でファストフードが腸内細菌に大きな影響を与えることが判明しました。
 
ロンドン キングス カレッジのティム スペクター教授(遺伝疫学)は著書「双子の遺伝子」のなかで、一卵性双生児の研究で、特定の病気の罹患率が30%しか共通項がないことが分かったことを著しています。
つまり、遺伝子よりも、環境やライフスタイルによって受けるからだへの影響の方が大きいという事です。
スペクター教授は、23歳の若者にハンバーガー、チキンナゲット、ポテトチップとコーラからなる食事を10日間続けてもらう実験を行いました。その結果、実験前には腸内に3,500種類の腸内菌がいたにも関わらず、10日後には1,300種類が死滅してしまい、腸内フローラが変化してしまいました。
 種類の少ない同じメニューの食事ばかりを食べ続けると、特定の細菌にだけ餌が与えられることになり、腸内フローラの共生関係のバランスが崩れやすくなります。また腸内の細菌の中でも"悪玉菌"に対しては餌を与えず減らした方がいいようにも思えます。しかし、単独では悪玉であっても、周囲の菌との共生によって善玉の働きをする菌もあります。細菌によって餌となる栄養素が違うのだから、多種類の菌を保つことが何より重要と、スペクター教授は指摘しているそうです。
つまり、ファストフードがダメとは言っているわけではなく、バランスが一番ということです。これまで腸活食材など散々ここに記してまいりましたが、同じものばかり食べるのは良くないですね。
メディケアダイエットでは、バランスのとれた食べかたをお話させて頂いております。興味のある方は、初回カウンセリングにどうぞ。
                        (参考YRL:http://diamond.jp/articles/-/63412)

< 「痩せの大食い」に騙された私  |  一覧へ戻る  |  幸せホルモンセロトニンでうつうつせずにダイエット♪ >

このページのトップへ