HOME > メディケアコラム > 40代男性のダイエット〜痩せないのはなぜ? リバウンドを防ぐには?

メディケアコラム

< 40代女性のダイエット〜痩せないのはなぜ? リバウンドを防ぐには?  |  一覧へ戻る  |  日本人はダイエットが難しい? 太りやすくやせにくい体質に注意! >

40代男性のダイエット〜痩せないのはなぜ? リバウンドを防ぐには?

肥満の原因は人それぞれで、最適なダイエット法も個人により異なります。しかし、性別や年代による大まかな傾向はあるものです。5000人のダイエットをサポートしてきたメディケアダイエットが、40代男性が太る(痩せない)理由と、成功するダイエットのヒントをお伝えします。
 

40代男性が痩せない理由

仕事もプライベートも充実し、それだけに忙しくなる40代。メリハリのない生活をしていると、ずるずると太ってしまいます。
 

年をとるとカロリーを消費しない身体に

若い男性は筋肉量が多いですが、年齢を重ねるにつれ、徐々に衰えていきます。筋肉が多い身体は、代謝=エネルギー(カロリー)の消費が活発です。
筋肉が少なくなると、カロリーの消費量が落ちます。生活の中での運動量が減ることもあり、さらに消費量が上がらなくなります。加えて、年齢を重ねて賢くなった身体は、少ないエネルギーで効率よく動く術を覚えています。
 
例えるなら、40代男性の身体は燃費の良い自動車です。自動車なら、燃料を使い切ってから補給すればよいですが、人間は毎日食事をとります。エネルギーを使い切れず、身体にどんどん溜まり、肥満へとつながるのです。
 
カロリー消費が落ちているのに、10代、20代と変わらぬ感覚で食事をとり、太ってしまうのが30代。40代になると食が細くなってきますが、それでも痩せられない人も多くいます。
 

食にこだわる人は少量でも高カロリーな食事に変わる

男性は優れた味覚を持っており、食通の方が多いようです。お金に余裕ができ、今まで以上においしいものを食べたくなるのが40代です。夕食のおつまみに赤身のマグロではなくトロ、というように…。
しかし、おいしいものはカロリーの高い傾向にあります。量は少なくても、太りやすいのです。
 
とはいえ、食へのこだわりはダイエットにとって悪いことばかりではありません。食通の方でも、食べる以外のこだわりを合わせ持つ方は、太りにくいように思います。調理道具に凝ったり、自分の釣った魚を食べたりと、上手に食を楽しんでいるのです。
 

食事にこだわらない単品メニュー派も

もちろん、太っている40代男性の中には、食事の質にそこまでこだわらない人もいます。社会人男性の食事には共通の課題があります。
 
家庭で栄養バランスの整った食事をしていれば別ですが、外食の多い男性はこんな献立になりがちです。

●朝食のパターン
菓子パン+おにぎり
おにぎり2~3個
青汁又は野菜ジュースだけ
なし
 
●昼食のパターン
ラーメン、天ぷらそばなど麺類
カレー
牛丼
コンビニ弁当
 
●夕食のパターン
居酒屋でおつまみ
ラーメン、つけ麺など麺類
お弁当+カップラーメン
 
年齢に関係なく似通った傾向にあるのはおもしろいところ。平日のランチなどは、丼やラーメンといった単品メニューになりがちで、炭水化物+炭水化物、または炭水化物+たんぱく質という栄養パターンが少なくありません。
 
年をとって、多少食が細くなっていたとしても、バランスの悪い食事は肥満の原因になります。
 

責任世代のストレスが肥満の原因に

私たちは、ストレスこそがダイエットの最大の敵だと考えています。詳しくお知りになりたい方は、こちらを御覧ください。
 
ダイエットの独自メソッドを公開! リバウンドの元凶は誰もが持つアレだった!!
 
40代男性は、仕事でも家庭でも、重い責任を追う世代です。ストレスを解消しようと、食欲に走ってしまうケースも少なくありません。
 

リバウンドを防ぐ40代男性のダイエット

40代で肥満の男性は、血圧やコレステロールなど血液検査の異常が、ダイエットのきっかけになるケースが少なくありません。健康のためにも、私たちはまず食生活の改善をおすすめしています。
 

男性はダイエットの成功率が高い

ダイエットを始める前に、覚えておいていただきたいことです。
ダイエットの失敗、リバウンドを繰り返すと、体重を落とすことが難しくなります。その点、男性は40代ではじめてダイエットに取り組む人もいます。そうでなくても、全般的に女性と比べてダイエット経験が少ないのです。
当然、失敗の経験も少なく、生活習慣を少し改善するだけで、ダイエットに成功する確率が高いと言えます。
 

運動は日常生活でできる範囲で。メインは食生活の改善

食事と運動の2つが、主なダイエットのアプローチです。ただ、仕事でも家庭でも大きな責任をかかえる40代男性が、わざわざ運動の時間をとるのは簡単ではありません。
 
日常の中で可能な運動を、自分のできる範囲で行いましょう。例えば、下記のようなことでも、続ければ身体の変化を実感するはずです。

●エスカレーター、エレベーターでなく階段を使う
●電車で座らずに立っている
●背筋を延ばし、姿勢良く座る
●通勤の自転車を歩きにする
●ストレッチを心がける(肩こりなどにもGood!)
 
とはいえ、体脂肪1キロを減らすには、ウォーキングを35時間も続けなければなりません。「やらなければならない」という強迫観念は、最大の敵であるストレスにもつながります。
 

主食の量を減らすことからはじめよう

すでにお伝えしたとおり、食へのこだわり自体は決して悪いことではありません。おいしい食事を上手に楽しめば、ダイエットの敵であるストレスを減らすいこともできます。
 
まずは、米や麺類といった主食の量で、食べる量を調整しましょう。丼や定食などは、おかずの量はそのままでご飯を少なめにします。
そばやラーメンなどの麺類も、大盛りやおかわり(替え玉)を控えます。できれば、少しだけでも残すことからはじめてください。20代、30代と同じように食べなくても、やってみれば意外に満足できるかもしれません。
 

多彩な食材を食べて食事を楽しむ

ランチやお酒の席でも、メニューに幅を持たせて、食事を楽しんではいかがでしょうか。男性は「〇〇屋にきたらオムライスしか頼まない」「ビールには必ず唐揚げ」というように、とかくメニューが偏りがちです。
かき揚げの天ぷらそばを、ときどきえび天そばに変えるだけでもよいのです。それだけで、摂取できる栄養のバリエーションが増えます。
 
また、おにぎりやサンドイッチ、牛丼、カツ丼といった、炭水化物やお肉中心のメニューより、できれば魚メインの定食がおすすめです。ご飯+味噌汁+メインのおかず+小鉢と、不足しがちな栄養を補いやすいですから。 野菜の小鉢を一品追加できれば、なお良いですね。
 

目標:まずは体重の10%減を目指そう。急激な減量より痩せる体質をつくること

ダイエットしようと一念発起すると、「3カ月でマイナス20kg」など極端な目標を立てがちです。

特に男性は、最初のうちは頑張れるので、体重がよく落ちて気分がよいはず。しかし、ダイエットには必ず停滞期がやってきます。そうなると、落ちない体重にイライラして、いつしか挫折。結果的にリバウンドする人がほとんどです。私たちのヒアリングによれば、ダイエット開始から45日を前後に、挫折する人が多いようです。
 
体重80kgの人が10%減量すれば72kg。外見的なスタイルや、自分で感じる身体の重さなど、明らかに世界が変わるはずです。
適切なペースで体重を落とし、リバウンドしない生活習慣を身につけることが大事です。飲み会や旅行で、ときどき食べすぎてもまったく問題なありません。
次の日の食事を減らすなど、うまく調整すればよいのです。
 

痩せてやりたいことは何?

メディケアダイエットでは、すべての方にダイエットが成功したらやりたいことを聞いています。子どもと遊んだり、趣味のスポーツを楽しんだり、健康を整えいっそう仕事にバリバリ打ち込んだり。
もしかしたら、責任世代の40代男性には、そんな余裕がないと思われるかもしれません。しかし、50代になれば、心や時間にゆとりができる方が多いようです。そうなったときに、このときダイエットで得た健康が、大きな宝物になるのではないでしょうか。
 

40代男性ダイエットの成功事例

40代男性のBさんには、ご飯のおかわりをやめることからアドバイスしました。外食のメニューにも気を配り、単品メニューから定食を増やしてもらいました。次第に、おかわりはもちろん、ご飯が少なめに変わっていきました。

お酒も好きな方だったので、おつまみのアドバイスも。大きめに切った地鶏の焼き物や、骨のある焼き魚など、少しだけ食べるのが大変なものを食べるようにしてもらいました。時間をかけ、よくかんでもらうようにするためです。
身長も高い方でしたが、3カ月で123キロから116キロの減量に成功しました。
 

まとめ

40代男性には、食事の上手な楽しみ方を発見してもらいたいと思います。この世代の方には、ダイエットで重要なのはがまんではなく、好きなものを必要なだけ食べる習慣を身につけることだと、実感していただけるはずです。

< 40代女性のダイエット〜痩せないのはなぜ? リバウンドを防ぐには?  |  一覧へ戻る  |  日本人はダイエットが難しい? 太りやすくやせにくい体質に注意! >

このページのトップへ