HOME > メディケアコラム > 40代女性のダイエット〜痩せないのはなぜ? リバウンドを防ぐには?

メディケアコラム

< 30代男性のダイエット〜痩せないのはなぜ? リバウンドを防ぐには?〜  |  一覧へ戻る  |  40代男性のダイエット〜痩せないのはなぜ? リバウンドを防ぐには? >

40代女性のダイエット〜痩せないのはなぜ? リバウンドを防ぐには?

 健康への意識が高まる40代。美容だけでなく、体調や病気の改善を目的に、ダイエットに取り組む女性が増えてきます。5000人のダイエットをサポートしたメディケアダイエットが、40代女性にありがちな痩せない生活習慣と、ダイエットのコツをお伝えします。
 

40代女性が痩せない(太る)理由

私たちは、食生活、運動量など、その人の生活習慣をヒアリングした上で、ダイエットをサポートしています。同じ40代女性でも未婚の人と、既婚の人では、生活が大きく異なり、太る理由も変わってきます。
 

代謝が落ち体型のメリハリがなくなる

男女とも、年をとれば、筋肉量が減り、体脂肪率は上がるのがふつうです。筋肉が少なくなると代謝が落ち、カロリー消費が減るので太りやすくなります。
40代女性は、お尻まわりが太ってきて体型が崩れる人が多いようです。外から見てわかりづらいかもしれませんが、徐々に身体のメリハリがなくなってくる年代です。
 
40代後半になれば、更年期に入る人も出てきます。ホルモンのバランスが崩れ、余計に太りやすくなる場合もあるようです。
 

ダイエットを繰り返して身につくダメな習慣

男性に比べ、女性はダイエット経験が豊富です。40代ともなれば、自分に合うものを求め5回や10回のダイエットを試した人もいるでしょう。
ダイエットとリバウンドを繰り返す中で、間違った習慣を身につけてしまった人がいます。毎朝青汁を飲むが野菜は食べない、スイーツは食べないけれど毎日間食におせんべいetc…。
 
青汁は、肌や身体の調子を整えるにはよいですが、野菜をそのまま食べるほうが消化のためのカロリーを消費します。スイーツを食べなくてもおせんべいの炭水化物をとりすぎれば、肥満の原因になります。
 

身体の不調、仕事の変化で運動量が減る

体重が重くなると、ヒザや腰に負担がかかります。ヒザ痛、腰痛が気になりだすのも40代。以前のように身体を動かせなくなっています。
しかも、仕事で管理職などについた場合、以前に増して座りっぱなしの時間が長くなるケースもあります。体質の変化に加えて、運動量が減る条件がそろい、肥満につながっていきます。
 

独身女性は週末引きこもり型肥満に注意

週末くらいは家でゆっくりして、仕事でがんばった疲れを癒やしたい――。大切なことですが、金曜日に食べ物を買い込み、ほとんど外に出ずに土日を過ごすような方もいます。
 
私たちが問題視している「週末引きこもり型肥満」が、意外に多いのが40代の独身女性です。
 
平日と比べて、格段に運動量が落ち、その分必要なカロリー消費ができません。お菓子やおつまみをダラダラと食べ続けることにもつながります。
 

独身女性にみられる高カロリーな食生活

経済的に余裕が出てくる40代。食べることが好きな方は、より高価な食べ物を選べるようになります。高いな食べ物は、概してカロリーが高いもの。一般に、鮪の赤身より脂身の多いトロのほうが、値段もカロリーも高いように……。
 
女性の食生活をヒアリングしていると、特に多く登場するのがイタリアン。ランチでパスタ、夜はイタリアンのコースを食べるような食生活も珍しくありません。もちろん、たまには好きなように食べてよいのですが、頻度が多すぎるのは困りものです。
 

主婦は人間関係のストレスに注意

料理、洗濯、炊事に掃除と、家事は多岐に渡りますが、それがすべて得意な女性など、滅多にいません。しかし、主婦になり、自分の仕事になると「完璧にやらなければ」というプレッシャーがストレスになります。
 
私たちは、ストレスこそダイエットの最大の敵だと考えています。詳しくは下記をご覧ください。
 
ダイエットの独自メソッドを公開! リバウンドの元凶は誰もが持つアレだった!!
 
また、専業主婦の方に話を聞くと、人間関係にストレスを感じている人が多いようです。ご近所づきあいやママ友とのつきあいなど、逃れられない人間関係に苦悩するのです。困りごとを打ち明ける相手がいないと、さらにストレスがたまります。
 

専業主婦はストレスからだらだら食べに陥る

ご本人が悶々とストレスを抱えている上に、家の中にはたくさん食べ物があります。
 
残り物の料理やフルーツ、もらい物のお菓子など、手の届くところに美味しいものがたくさんあります。それでなくても、冷蔵庫は家族の好きなものが詰まった「宝箱」です。
残り物や期限の限られたものに対して、「自分が食べなければ」という使命感を持つ方も。 そんな環境で、ひとりで過ごす時間が多いと、ついだらだらと食べてしまうのです。
 

リバウンドを防ぐ40代女性のダイエット

ダイエットのコツは自分にストレスをかけないこと。無理なダイエットは卒業しましょう。
 

ダイエットは「4群点数法」で食生活の見直しを

まずは、王道中の王道、食生活を見直しましょう。
 
「キャベツダイエット」のような単品ダイエットも、「糖質制限ダイエット」のように何かを抜く方法も、栄養のバランスを崩します。長続きさせることが難しく、結局いろいろなダイエットを試し、失敗することになります。
 
私たちが、ダイエットのサポートに採用しているのは、女子栄養大学で考案された「4群点数法」。栄養的な特徴を基に、食品を4つのグループに分けて、バランス良く摂取できるように考えられた理論です。
 
ダイエット飯はカロリーより栄養素!決め手は「4群点数法」
 
栄養素を細かく管理するのは大変ですが、4群点数法は実践しやすいようシンプルにまとめられています。今日の食事から少しずつ取り入れられるでしょう。
 

週末引きこもり型肥満は近場へ出かけることから

週末、家に引きこもりがちな人は、少しでいいので出かけることから始めましょう。何もせず、部屋のなかでぼーっと過ごす至福のひととき。しかし、疲れを癒やす方法はそれだけではありません。週休2日の方は、1日だけでも、ショッピングに出かけたり、散歩を楽しめば、心身がリフレッシュするでしょう。
 
そうはいっても、「外出しなければ」と思いつめると、そのこと自体がストレスになります。億劫な方は、近場でもまったく構いません。手始めに、朝ごはんを近くのカフェやレストランで食べてみてください。出かけたい気分になったら、気ままに外での一日を楽しみましょう。
 

専業主婦は自分の時間を持つことが大事

専業主婦にとっては、家が職場のようなもの。外に出て、わずらわしい人間関係も含め、主婦としての仕事を忘れる時間を持ちましょう。気の合う友だち(付き合わざるを得ないママ友ではなく)とお茶を飲むだけで、気分が変わるでしょう。難しければ、ひとりで好きな音楽を聞きながら、お風呂に入るだけでよいかもしれません。
 
いつもと違うことをすれば、単純にだらだら食べる(かもしれない)時間を減らすことができます。また、ストレスを軽減し、別の楽しみをみつけることで、食べ物から気をそらすことができます。
 

40代女性ダイエットの成功事例

 
42歳会社員のFさんが私たちのところへ来たときは80.4kg。ダイエットに失敗するのは、「脳の使い方が間違っているから」とお伝えしたところ、スムーズに痩せていきました。気づきが早く、元々頑張りやで自分なりの工夫をされる方だったのでしょう。食欲を抑制する薬も活用し、5ヶ月で68.6kgと、-11.8gのダイエットに成功しました。
太らない食生活の「習慣ができた」と話してくださり、理想的な結果になりました。むしろ、今後はご飯を抜きすぎないように注意していただきたいです。
 

まとめ

女性は太ってくると、黒やグレーなどの無難な色の服装を選ぶようになります。明るい色の洋服は、体型を大きく見せるからでしょう。
ストレスを軽減し、食生活が変われば、必ず体重にも変化があります。少しスリムになった女性には、自分が好きだった色、服装に変えてみては、とアドバイスしています。
ブルーやピンクが好きだった女性は、好きな服装をすることで気持ちが明るくなるでしょう。きっと、食生活のバランスを考える負担が減り、外に出かけたくなるに違いありません。

< 30代男性のダイエット〜痩せないのはなぜ? リバウンドを防ぐには?〜  |  一覧へ戻る  |  40代男性のダイエット〜痩せないのはなぜ? リバウンドを防ぐには? >

このページのトップへ